効果的な付け方

香水のあれこれ

香水は、香りのある液体のことで肌や衣服などに吹きつけることで、その香りを楽しむアイテムです。
別名ではフレグランスやパルファン、オーデコロンなどとも呼ばれています。
ただ、オーデという名称がついているものは、濃度が薄いものが多く、従来の香水よりも香りが薄かったり、効果が長続きしないものが多いとされています。
香水は、元々宗教的な用途や薬用として使われていましたが、時代と共にその香りを楽しんだり、一種の嗜みとして付けるようになります。
特に海外では、体臭を隠すためなどに利用されていた、と言われています。
日本では昔から匂い袋などが使われていましたが、近代化と共にこういったアイテムが取り扱われるようになりました。
香水をつける際にはさまざまなポイントがありますが、一般的には手首やうなじ、ももやひざ、足首、胸、腰や背中などにつける人もいます。
つける場合に注意した方が良いのは、つけすぎると匂いがきつくなってしまうことです。
また、食事をする際や狭い空間に長時間いる場合などは匂いがこもりやすかったり、他のものと匂いが混ざり合って気分が悪くなったり、というように嫌な臭いになってしまうこともあるので、TPOに気を付けて使うことが重要だと言えます。

香水の効果的な付け方

香水は油状や個体の香料をアルコールで溶かして作った、衣類や身体につけて香りを楽しむ化粧品です。
さまざまな香りがあり、女性用から男性用、共用のタイプなどの商品も多く販売されています。
香水をつけるときにはまず、汗ばんでいない綺麗な肌のときにつけると良いとされています。
肌をキレイにしていないと汗の香りと混じってしまうため悪臭となってしまう可能性もあるのです。
ほとんどがトップ、ミドル、ラストと言う三段階に分かれて香り立ちます。
トップに占める香料の分量によって香りは変化しています。
そのことから考えて、香水は点、オードパルファム・オードトワレは線、オーデコロンは面で肌を湿らせる程度につけると効果的に香ります。
同じ商品でもつける人によって香りは異なってきます。
その人独自の体臭や皮脂分泌の違い、体温や気候などで香りは違ってくるのです。
香りを選ぶときには必ず自分の肌にのせてから確認することで自分に合った香りを探すことができます。
また、臭いに慣れてきてしまうと大量に香水をつけてしまう人もいますが、大量につけてしまうといい匂いではなく悪臭となってしまいます。
周りの人に迷惑をかけないためにもプッシュ数を増やさないようにし、なれを抑えるために幾つかの香りを変えながら使うこともおすすめです。

注目サイト

結婚指輪 横浜
http://www.tanzo.jp/14632037817979
石垣島 シュノーケリング
http://www.panari-marine.com/
廃品回収 大阪
http://fuyohin-kansai-pro.com/
レーシンググローブ
http://rireracing.com/products/list.php?category_id=14
気功 東京
http://fukadakenkou.com/
ハウスクリーニング 東京
http://www.4l-japan.com/tokyo/
東京 貸倉庫
http://tokyo-fact.com/
柏のペット火葬なら
http://www.i-chiba.com/pet-cremation-visit-area/kashiwa/

Last update:2016/9/2